ディテクタ モジュール



検出器からの信号を処理する後回路(増幅、A/D変換)を付属したディテクタ・モジュールでの提供も可能です。 ご用途に合わせた、ディテクタ・モジュールを設計・製造し、提供いたします。ご相談ください。



当社が提供するディテクタ・モジュールの特徴は、検出器(ディテクタ)の直下に、それぞれのチャンネル前にADC(A/D変換器)を設けており、デジタル信号として伝送しております。
このような回路構成では、アナログ信号としての伝送距離が短いため、外部からのノイズによるデータの劣化が少ない等の利点があり、システム構成上のチャンネル総数やADC速度の制約が小さくなります。
当社は、シンチレータ結晶、検出器(ディテクタ)、モジュールを一貫して設計・製造・供給できますので、システムに最適な製品をご提案いたします。